自動調光サングラス:CTRL Eyewear インプレ

自動調光サングラス:CTRL Eyewear インプレ

CTRL Eyewearが届いたので、使用してみました。インプレです。

CTRL Eyewearについては割愛します。動画やサイトを御覧ください。

まずは全体像の勇姿。格好いいです!

ひとつだけ気になる隙間。他の方もなっているようなので、仕様だとおもいますが、ちょっともったいない。

CTRLのロゴです。 シンプルでいいですね。

伝わりますでしょうか?クリア(?)モードです。サングラスを外さなくとも、曇りの日はクリアな視界です。トンネル内に入った時は、裸眼にちょっとフィルタ一枚つけた程度ですので、安全に走行できます。昔、トンネルや雨の日に、前が見えずに怖い思いをしたので、これからは安心です。

こちらが濃いモード。実際に陽の光はしっかりと遮断してくれます。

 すごく伝えずらいのですが、指でレンズをなぞると、黒く変色します。eTintが繊細な感じで動作しているのがわかります。イメージで伝えると、薄いノートPCのディスプレイを手でなぞると、にじむ感じです。

 付属品です。ケース、USBケーブル、袋とストラップです。若干安めな感じですが、特に不満はありません。

■インプレッション

使用感

全天候型(?)というサングラスは、快適です。曇りの日は、クリアレンズのほうが周りを見渡せて、景色がよいです。レンズを交換せずに、すぐに切り替えができるのは画期的だと思います。 トンネルに入った時も安心して走ることができます。
ReconJetもそうでしたが、マンホールや一部の光沢の強いものが、真っ白に光って見えます。そこまで危ないわけではないのですが、ちょっと気になります。

つけ心地

オークリーに比較するとフレームが硬いので、少し気になりますが、全体的には満足しています。鼻パッドと側頭部のフレームは調整が可能です。ただし、私は顔が小さいほうだと思いますが、その私がぴったりですので、人によってはキツイかもと思います。そのうち、他サイズが販売になるかもしれません。
重さは特に感じません。長時間乗っていても気になりません。

モードの切り替わりについて

0.1秒で切り替わると紹介されていますように、スッと切り替わりますので、ストレスフリーです。古い電子書籍端末はもっさりしていましたが、結構早いと思います。
クリア→黒は早いですが、気持ち、その逆はモヤッと切り替わります。ですが気になるようなものではありません。逆に急に切り替わって、目に負担になることを気にしているのでしょうか?

自動調光について

当たり前ですが、光センサーをつかって調光しているので、暗くなってから切り替わります。トンネルに入る一瞬だけ、ちょっと不安になります。その場合はさすがに手動で切り替えるしか無いと思います。
サイトによると、明暗の切り替わりが激しい場所でも、点滅するような事態にはならず、ある程度のしきい値に収まるそうです。
また、センサーの感度を切り替えることができるそうですが、まだ調整したことがありません。マニュアルがないと、ボタン一つしか無いため、なかなか使い方がわかりません。

デザイン

あまりセンスなどはありませんが、全体的に満足です。シンプルな感じですが、それでよいと思います。

価格

クラウドファンディングで購入したので、なんともいえませんが、最新の技術を使っていると考えると、そこまで高いとも思いません。オークリーのサングラスも普通に数万しますので、つけ心地やブランドと、機能性のどちらを選ぶかだと思います。

まとめ

全体的に、問題はなく、期待通りのパフォーマンスを発揮してくれるので、満足な商品です。円安ですので、定価で買うとちょっと割高感があるかもしれません。あとは、ロードバイクで使用するのがメインのため、どうしても汗をかくスポーツという特性上、どこまで壊れずに使用できるかがポイントだと思います。

Pocket
LINEで送る

少しでも参考になりましたら、ポチッとお願いします↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村