CCAセンチュリーライド 栄~銚子~栄 2019(旧 銚子センチュリーライド)完走

CCAセンチュリーライド 栄~銚子~栄 2019(旧 銚子センチュリーライド)完走

毎年恒例の銚子センチュリーライド、今年2019年はCCAセンチュリーライドと名前を改めました。今年も参加してきました。

コース

今年は時計回りのコースです。公式からも海沿いを走るパワーアップしたコースと説明されてます。ある年は銚子に立ち寄らないこともありましたが、今年はぐるっと巡れるコースになってます。

レポート

集合地点はここ数年同様のふれあいプラザさかえです。例年より参加者が少ないような気がします。6:45スタートです。

第一エイドまでは30km程です。今年は時計回りのため、道の駅くりもとが第一エイドです。

毎年恒例のプチトマト。

メダカが売られてました。

次のエイドまでは55kmほど。銚子で自分の好きな場所で休憩するのが、銚子センチュリーライドの醍醐味です。銚子ポートタワーを通過し、犬吠埼灯台を超えていきます。写真を撮るか悩んだのですが、軽快に走りすぎてしまいました。

当日は北海道でも39℃を記録されるなど、猛暑日でした。千葉も30℃超え予報でしたが、銚子は涼しめで、霧が出てました。毎年、銚子センチュリーライドは猛暑日の印象です。。。雨よりはいいのですが。

個人的な第二エイドは、コースで通過するときは利用している回転寿司の島武水産です。銚子の魚は美味しいのはもちろん、回転寿司は、体調に合わせて、好きな量を食べられるのがあってます。

昼食のあとは、すぐに正式な第二エイドの地球が丸く見える丘展望台です。デザート代わりに毎年恒例のスイカをいただきます。

ここからは銚子ドーバーライン、九十九里ビーチラインをひたすら走ります。参加者が少ないことと運も悪く、3,40kmほど一人で走る羽目に。。。先々週のグランフォンド軽井沢のおかげで、平坦はしばらくいいペースで走れました。そして、第三エイドの多古あじさい公園(道の駅多古)です。

気温は30℃を超えていた体感でしたが、湿度は例年よりはマシでした。熱中症気味になることが、このあじさい公園で多いのですが、今年は水はカブりましたが、まだまだ平気でした。

暑さには負けてないものの、さすがに160kmの道のりは長く、足が売り切れてきました。。例年よりトレインに乗れなかったのがよくなかったかもしれません。

165kmゴールです。15:30頃には戻れました。

総括

距離は長いですが、獲得標高はそれほどでもありませんが、エイドは最小限ですし、立哨などいないので、コマ図が読めるか、ガーミンなどのナビが必要なイベントです。補給や熱中症対策なども含め、脚力のみならず、自転車乗りとしての一定の経験者であることを求められるイベントだと思います。

個人的には、他の至れり尽くせりのイベントよりも、走りごたえがあるので、継続して参加しています。エントリーの競争率もそこまで高くはないので、このまま、らしさを継続してほしいと思います。

Pocket
LINEで送る

少しでも参考になりましたら、ポチッとお願いします↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村