ロードバイクシューズのネジをなめてしまったときの対応

ロードバイクシューズのネジをなめてしまったときの対応

SIDIのKAOSというロードバイクシューズを使用しているのですが、ネットでアップヒールという製品を見つけました。踵のラバーの交換パーツで、標準のものと比べ高さが高いので、クリート特有のペンギン歩きを解消できるものです。ラバーが結構すり減ってきたため、交換しようと思ったのですが、ラバーを止めるネジがなめてしまって取れません。世の対策方法を試しながら、なんとか交換しました。

Apple iPhone XS (4.25mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)
UP HEEL
Apple iPhone XS (4.25mm, f/1.8, 1/57 sec, ISO400)
標準のものよりだいぶ高さがあります

対策

世の中の情報を参考にしながらいくつかトライしました。

ゴムを使う

輪ゴムをネジ穴に当てて回す対策が、一番簡単な方法とのことです。
少しネジ穴が残っていたのですが、普通の輪ゴムの幅では足りないのか、ちぎれてうまく回らず。。

ネジザウルス

持ってないので、パス。また、ネジを挟むほどのスペースがありませんので、使えそうにありません。

ラバーを回す

最終的になんとかうまくいった方法が、ラバー自体を回す方法です。ペンチを隙間に入れ、ラバーを回し、ラバーがネジを回すという強引な方法です。

Apple iPhone XS (4.25mm, f/1.8, 1/25 sec, ISO400)
強引に回す

他のケースでもうまくいくかはわかりませんが、自己責任でお願いします。

Pocket
LINEで送る

少しでも参考になりましたら、ポチッとお願いします↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村