リアディレイラーが曲がっている

リアディレイラーが曲がっている

イベントに出るために車検を受けたのですが、リアディレイラーが曲がっていると診断を受けました。特に気になる不調はなかったのですが、輪行を繰り返していたので、もしかして衝撃を受けて曲がってしまったのかと思いました。たしかに見ると少し曲がってます。

曲がる主な原因はディレイラーハンガーというフレームと、リアディレイラーの間のパーツです。フレームを守るために、あえてアルミでできていて曲がりやすくなっているそうです。このパーツ、フレームごとに千差万別のため、スペア品を見つけるのが大変です。

2012年に購入したDerosa R848用のものをネットで探して購入しました。R848(2011)と書いてあったWHEELS MFG DROPOUT-96というものを購入したのですが、なんと、型が合わず、いろいろな写真を見比べて、R848(2014)向けをヤフオクで見つけた178Bという型番を見つけました。

ディレイラーハンガー(新旧)上が旧

外すのは簡単で、六角レンチでリアディレイラーを外し、ディレイラーハンガーも六角レンチで外すことができます。比べて見たのですが、そんなに曲がってないような。。。交換したあとの写真がこちらです。

あんまりなおってないような。。。リアディレイラーに問題があるのかもしれませんが、そもそもフレームの精度が悪い気がしてきました。チェーンが外れると怖いですが、数年乗って特に問題ないので、車検は整備士さんと相談します。

Pocket
LINEで送る

少しでも参考になりましたら、ポチッとお願いします↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村